※PR 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ウェルネスダイニングとメディカルフードサービスを比較!どっちがおすすめかご紹介!

PR 当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、ウェルネスダイニングとメディカルフードサービスを比較していきます。

結論を言えば、料金が安く支払い方法の選択肢も豊富なウェルネスダイニングがおすすめです。

詳しい違いは、読み進めて確認して確認してみてください。

宅配健康食ウェルネスダイニング

目次

ウェルネスダイニングとメディカルフードサービスの比較項目一覧

比較項目おすすめサービス
①料金ウェルネスダイニング
②支払い方法ウェルネスダイニング
③購入区分
④メニューの選択
⑤コースメディカルフードサービス

ウェルネスダイニングとメディカルフードサービスの比較項目は、上記のとおりです。

それぞれ違いを解説していくので、チェックしてきましょう。

① 料金が安いのはメディカルフードサービスよりウェルネスダイニング

項目ウェルネスダイニングメディカルフードサービス
料金7食 4860円~6食 4881円~
送料お試し:無料
都度購入:770円
定期7食:385円
定期14・21食:無料
無料

料金を比較すると、メディカルフードサービスよりウェルネスダイニングの方が安いです。

ウェルネスダイニングは7食4860円円ですが、メディカルフードサービスは、6食4881円です。

メディカルフードサービスは送料無料なので多少高いのはわかりますが、6食でもウェルネスダイニングの7食より少し高くなっています。

メディカルフードサービスの7食だと5551円~で、ウェルネスダイニングの都度購入よりも高いですよね。

このことから、料金で選ぶなら、値段が抑えられて継続しやすいウェルネスダイニングがいいでしょう。

宅配健康食ウェルネスダイニング

② 支払方法の選択肢が多いのはメディカルフードサービスよりウェルネスダイニング

項目ウェルネスダイニングメディカルフードサービス
支払方法・後払い
・代引き
・クレジットカード
・AmazonPay
・後払い
・クレジットカード
・銀行振込
・口座引落

支払い方法の選択肢で比較すると、メディカルフードサービスよりウェルネスダイニングが多いです。

両サービスとも、後払い・クレジットカードは共通していますが、違う点もいくつか。

メディカルフードサービスは、上記の2つに加え、銀行振込と口座引き落としが利用できます。

ウェルネスダイニングの場合は、代引きにAmazonPayが選択できます。

どちらも支払い方法のタイプが違うのですが、できるかぎり選択肢が多い方が良いならウェルネスダイニングがおすすめですよ。

宅配健康食ウェルネスダイニング

③ 購入区分はどちらも都度・定期あり

項目ウェルネスダイニングメディカルフードサービス
購入区分・都度購入
・定期購入
・都度購入
・定期購入

購入区分を比較すると、どちらも都度購入・定期購入があります。

そのため、ウェルネスダイニングもメディカルフードサービスも、お試し利用しやすいですよ。

④ メニューはどちらも選択不可

項目ウェルネスダイニングメディカルフードサービス
メニューの選択不可不可

メニューの選択は、どちらもすることができません。

ウェルネスダイニングもメディカルフードサービスも好きなメニューを選べないので、その点に注意しましょう。

⑤ コースが多いのはウェルネスダイニングよりメディカルフードサービス

項目ウェルネスダイニングメディカルフードサービス
コース6コース7コース

コースを比較すると、ウェルネスダイニングよりメディカルフードサービスが多いです。

ウェルネスダイニングは6コース、メディカルフードサービスは7コースあります。

メディカルフードサービスはムース食ややわらか食コースも入れているからですが、実はウェルネスダイニングもそれらを足せば多くなります。

といっても、ウェルネスダイニングのやわらか食は、やわらかダイニングという別サービスになるんですね。

メディカルフードサービスは別サービスになっていないので、確認しやすくなっています。

このことから、コースについては、メディカルフードサービスがいいですよ。

まとめ

サービス名優れている項目詳細記事
ウェルネスダイニング・料金
・支払方法
ウェルネスダイニングの口コミ・評判
メディカルフードサービスコースメディカルフードサービスの口コミ・評判

この記事では、ウェルネスダイニングとメディカルフードサービスを比較しました。

その結果、料金や支払い方法で選ぶならメディカルフードサービスが、コースの多さで選ぶならメディカルフードサービスがおすすめです。

どちらも制限食関係では安心感があるので、自分の目的に合わせて利用しましょう。

シェアしてくれると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
目次