※PR 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

蟹の食べられる部位!カニの食べられないところや部分もご紹介!

PR 当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、カニの食べられるところや食べられない部位などを紹介していきます。

カニは、種類によってよく食べられる部位が違ってきます。

通販では色々なカニの部位を扱っているのでいいですが、お店で買う場合は目的に合わせたものを選びたいものです。

しっかりと選べるように、蟹の食べられる部位などをチェックしておきましょう。

ですが、わざわざ覚えておくのも面倒だというのなら、カニ通販を利用して手っ取り早く購入するといいですよ。

目次

蟹の食べられるところや部位

蟹の食べられるところや部位をまとめました。

それぞれどのようなものか、確認して行きましょう。

①姿・・カニ一匹丸ごと

姿で売られているカニ:ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニ・花咲ガニなど…

蟹の食べられる部位で姿は、カニそのまま丸ごとのことを言います。

丸ごと蟹を食べられるので贅沢に思えますが、実際はそこまで食べられる量は多くありません。

蟹は重さのほとんどを殻が占めているので、丸ごとの姿だと食べられる量は多くないんですね。

そのため、カニを姿で買う場合は脚の身だけでなく、カニミソも堪能できる種類の蟹を選ぶことが重要ですよ。

そんな姿の蟹ですが、通販で購入するならかにまみれがいいでしょう。

訳なしだけの蟹を取り扱っており、品質も抜群。

良いカニが揃っているので、贈答用に利用したりしてもいいですよ。

姿ガニを買う

②肩脚・・脚の付け根から先までの部位

肩脚で売られているカニ:ズワイガニ・タラバガニなど

蟹の食べられる部位で肩脚は、脚の付け根の部分から足先までのことを指します。

そのため、半身分が肩脚として売られていれば、ハサミから足までつながった状態で売られていることが多いです。

この場合の数え方は1肩2肩と数え、その数字によってついてる脚の数が違ってきます。

付け根の部分にも身がある蟹ならいいですが、ない場合は食べられない箇所が増えるだけです。

その場合は、みそ汁などに入れて出汁を取るようにしましょう。

片脚を通販で購入する場合は、かに本舗がおすすめです。

大手カニ通販であり、片脚の取り扱いも多くあります。

片脚を探しているなら、かに本舗をチェックしてみてください。

片脚を購入する

③むき身(ポーション)・・殻が剥いてあり食べやすい

むき身で売られているカニ:ズワイガニ・タラバガニなど

蟹の食べられる部位でむき身は、殻が外されているので食べやすいです。

蟹を食べるのが嫌いな人には、殻から身を取り出すのが面倒だからという人もいるのではないでしょうか?

殻から身を取るのが面倒な人でも、すでに殻が剥いてあるむき身なら食べやすくて好きになれますよ。

むき身ではなくポーションと表現されることもあるので、覚えておきましょう。

持ちやすいように殻が少し残っているのも、特徴の一つですね。

蟹のむき身を通販で探すなら、こちらもかに本舗がおすすめ。

むき身も多く取り扱っていて、購入しやすいです。

たくさん蟹を食べたいなら、かに本舗でむき身を探してみてください。

むき身(ポーション)を購入する

④殻が半分にカットされている…半むき身(ハーフカットポーション)

半むき身で売られているカニ:ズワイガニ

蟹の食べられる部位で半むき身(ハーフカットポーション)は、殻が半分にカットされていることです。

通常のむき身が殻が全部外されているのに対して、ハーフカットポーションは殻が上半分カットされています。

そのため、皿のようになっているので、鉄板焼きなどに有効に使うことができますよ。

また、鍋に入れてもぜんぜんOKなので、使い方も通常のポーションよりも幅広いです。

半むき身も、かに本舗で購入するのがおすすめ。

むき身とは違って、少し殻があるので蟹があるって感じもしますよ。

ポーションをチェックする

⑤ぷりぷりした食感…カニ爪

カニ爪で売られているカニ:ズワイガニ

蟹の食べられる部位でカニ爪は、カニのハサミの部分のことになります。

太さがあるので食べ応えがあり、食感もぷりぷりとした独特なものです。

脚の殻に比べるととても固いので、フライなどにして食べる場合はむき身を買うのが良いですよ。

かに爪を購入するなら、北釧水産がいいでしょう。

ただし、売り切れていることもあるので、その点には注意しましょう。

かに爪を探す

⑥カニ味噌を堪能するにはこれ…甲羅

甲羅で売られているカニ:ズワイガニ

蟹の食べられる部位で甲羅は、カニの頭のことです。

蟹を食べる時は、身ではなくカニミソの濃厚さを堪能したい人も多いでしょう。

そんなときにおすすめな部位が、甲羅になります。

ですが、これは甲羅だけというよりは、甲羅に足の身を少し入れた状態の甲羅盛りと称して販売されていることが多いです。

カニミソと脚の身両方を堪能できるので、甲羅盛りを選んでおいた方が食べ応えがありますよ。

甲羅盛を購入するなら、網走水産を利用しましょう。

水産会社が運営しているので、良いカニが揃っていますよ。

甲羅盛を探す

⑦脚の身をほぐした…ほぐし身(フレーク)

ほぐし身に使われるカニ:ズワイガニ

蟹の食べられる部位でほぐし身は、カニの脚の肉をほぐしてあるものです。

ほぐされているので形はばらけていますが、料理に使うなどの用途として利用できます。

チャーハンにしたり、かに玉にしたり、鍋に入れて食べたりしてもいいですよね。

カニにかぶりつきたいという人には向きませんが、突然の来訪やちょっとしたつまみに使いたい人に向いていますよ。

蟹の食べられない部分はエラ

蟹には食べられない部位があります。

それはエラであり、ガニとも呼ばれる部位です。

エラは呼吸をする際に水から酸素を取り込む器官ですが、水が通る部位であるので汚れなどもひどい場所です。

病原菌や寄生虫などが付いていることがあるので、生では決して食べてはいけない部分なります。

しっかりと茹でれば菌や寄生虫を駆除できるので食べることは可能ですが、美味しくないので食べる必要がありませんよね。

なので、カニのエラは食べないようにしましょう。

まとめ

この記事では、蟹の食べられる部位などを紹介しました。

カニは食べられる部位がいろいろありますが、蟹の種類によってもおいしい部分は違ってきます。

また、売られているカニの形状や加工の際の名前を覚えているおくと、どういった場面で食べたいのかで選べるようになります。

どのカニを食べたいのか、それによってどの部位を中心に買えばいいのかそれを理解して満足いく買い物をしましょう。

シェアしてくれると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
目次